<< やったー! | main | そんでもって >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.03.07 Tuesday |  | - | - | - | 

IDEAMAN!! PROJECT'06 Vol.2

昨夜は原宿KDDIデザイニングスタジオへ

アングルイベント「放送作家のススメ」を観に行ってきました。





20060228_133029.jpg

今回の担当は鮫肌氏・ゲストはすずきB氏





事前に参加者から寄せられた「放送作家に関する質問」を元に

おふたりがトークしながら答えていくという形式。

今回はこの時の模様をメモったのでまとめます。





●名前の由来は?



すずきB氏:

学生バイト時、鈴木が2人いたのでネタ出しの時などに鈴木B

(もう一人はA)として出していたのが通称に。

その後中野俊成氏に「スタッフロールでもそれで出しちゃえば?」

と言われ以後、すずきBに。

      

鮫肌氏:

漫画家になりたくて学生時代から雑誌に応募。

中3の時にはチャンピオンで佳作の一歩手前まで行き、その際にペンネームを意識。

そして鮫肌は「ブラックジャック」から、

文殊は「三人寄れば文殊の知恵」より選び、語呂がいいのでくっつけた。





●放送作家になったきっかけは?



すずきB氏:

幼少の頃、さる裏方関係者にドリフのチケットを取ってもらいコドモながらに感激。

「こんなすごいチケットを取れる裏方の人ってすごい」

それから裏方(スタッフ)を意識し始めたが、ある日とんねるずが

夕にゃんで放送作家の名前を読んでいるのを見て驚く。俄然放送作家に興味が沸く。

その後色々なアドバイスにより東京の大学(都心にずっといられる)へ

行き、放送関係の研究部に所属。先輩づてに「さんまの何でもダービー」の

雑用係としてめでたく第一歩を踏み入れたのがきっかけ。





鮫肌氏:

キッチュさんからの「作家になったら3日で食えるぞ」の誘い言葉で(当時バブル)。





●放送作家で売れる人と売れない人との違いは?



すずきB氏:

マイナス(自分に遭った不幸な出来事など)をすべてネタに転じて

プラスとするポジティブさを持ってるか否か。



鮫肌氏:

すべての場面を色んなアングルで俯瞰で見れる人とそうでない人。

たくさんの目線のスイッチがある人とそうでない人。





●総合プロデューサー等に気に入られる秘訣は?



両氏:Pと全てを添い遂げるつもりで一生懸命に取り組む。



●業界人と一般人の違いは?



両氏:業界人はリセット上手。



●ネタ帳ってどうしてる?



すずきB氏:

思いついた事をすべて携帯から自分のPCへメール。

スケジュールも全部。保存もきくし、時系列でもまとめられる。



鮫肌氏:

とにかくノートに書き溜める。



(ちなみにおちまさと氏は思いついた事はすぐ誰かにその場で電話をして

とりあえず喋る。それがネタ帳がわりみたいな感じ?)



(「みんなネタ帳は持ってますよね」すずきB氏)







※その他の会話





「放送作家はみんな常識人、基本モラリスト。

じゃなきゃ非常識な事なんて作れないし、出来ない」(両氏)



「自分が信頼しているタレントさんはすごい。

ある種彼が出来ないなら誰もこの企画は出来ない・・じゃあボツ!

という、リトマス試験紙的役割までしてくれる」(すずきB氏)



「最近の若手放送作家の企画の作り方は進歩している。

DVDにして持ってきたりもするんですよ」(すずきB氏)



「あるP※の番組は世界観がすごすぎて始まりを見ただけで

"この人のだ!"とわかる。尊敬している」(すずきB氏)

「やはりP※にラスタとんねるずのネタ出しで12時間カンヅメにされた、

ひとつの企画に対してもこだわるあの情熱はすごい」(鮫肌氏)

「彼※は天才」(両氏)

(※同一人物:料理の鉄人/カノッサの屈辱/ミリオネア/ハンマープライス/龍虎飯店/他)







*****************************************







他にもイロイロお話してくださったのですが、

夢中になって聞きすぎて手が止まっていました。

とりあえず忘れないように自分メモ代わり。





ロフトプラスワンのイベント時にもいらしていたすずきBさん。

初めてしっかり見れたのが嬉しかったです。

ああ、放送作家さんの話を聞くのは本当に楽しいなあ。





来月はヒグタクさんです。楽しみっす。







:::グルメすずきBさんの著書:::



業界人がススめる魂の(死ぬほど美味しい)レストラン

業界人がススめる魂の(死ぬほど美味しい)レストラン

すずき B




2006.02.28 Tuesday | 11:03 | comments(2) | - | オワライ | 

スポンサーサイト

2006.03.07 Tuesday | 11:03 | - | - | - | 
私も参加しました!
自分の質問が最初に読まれたときは、ドキドキしました。ハガキ職人の気持ちがよくわかった気がします
| パー | 2006/02/28 5:33 PM |
>パーさん

コメントありがとうございます。
とても楽しいイベントでしたね。
| YAKO | 2006/03/01 2:28 PM |